RGB CMYK

色の三原色(RGB)と光の三原色(CMYK)印刷物の注意

光と色の違い

TVやパソコン、スマホなどのモニターは光を使って色を再現しています。
RGBとは、レッド・グリーン・ブルーを指していて、それら全てを混ぜることで白色に近づいていきます。
(基本的に黒の再現は、光を使用しないことで再現しています)
プリンターなどの印刷機を使用した印刷物は、再現できる色を混ぜ合わせて様々な色を作っています。
再現できる色CMYKとは、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックを指していて、すべてを混ぜると黒色に近づいていきます。
(基本的に白色は、色を使用しないという事を利用して再現していますが、中にはホワイトインクを使用できる印刷もあります)

写真での比較

左が光の三原色(RGB)右が色の三原色(CMYK)を再現しています。

全体的にRGBは発色が良く見えるのに対して、CMYKは少しくすんだ様な色合いになります。
これは、色を混ぜることで黒へ近づいていく事が理由です。

印刷物などはCMYKでデータを制作します

見本やサンプルデータをモニター越しに確認される場合、CMYKで制作したデータを確認していただきます。
CMYKで制作したデータであれば、実際の印刷した場合の色味に近い為です。
(※モニターの種類によっても差が生まれますし、モニターの光で再現したCMYKの為、完全再現ではありません、イメージが近くなるという方が正しいです)

写真での比較

左が光の三原色(RGB)右が色の三原色(CMYK)を再現しています。

印刷物などの写真の場合も注意が必要です。
上記の写真にも差があることが分かりますでしょうか?
とくに商品撮影した写真などは、実際の色味と変わってきますので、細かく調整した写真などを使用して、極力実際の色味を再現しなければなりません。
飲食物などは、特に注意が必要です。

BLOG

ブログ

ブログ一覧